悪玉コレステロールに効くサプリのランキングサイト

悪玉コレステロールも、コレステロールの運搬作業を担う役割を果たすものですので、人体には必要なコレステロール。

 

但し現代人はどうしても悪玉コレステロールが溜まってしまうような食材を多く取ってしまっているのが現実ですので、傾向として、悪玉コレステロールを減らす食材を摂取する必要があります。

 

果たしてそのような食材とはどのようなものがあるといわれているのでしょうか?

 

その一つには、カキが挙げられます。カキに含有されているタウリンという成分が血中コレステロール値を下げてくれる効果があるといわれてます。

 

かつてはカキはコレステロール含有量の多さで、摂取を控えるようにともいわれてきましたが、カキのタウリンはイカの2倍も入っていると言われており、魚介類の中でも上位クラス。

 

タウリンは、コレステロールから胆汁酸を合成する働きがあり、この胆汁酸が排泄を促進することで血中コレステロールを少なくさせてくれるのです。

 

中性脂肪減少にも効果がありますので、最終的に血液サラサラ効果も期待できます。

 

タウリンを効率的に摂取する一番の方法は生で食べることですね。

 

但し汁も全て飲んでしまえば、それはそれでタウリンをかなり摂取できますので、鍋でも安心してください。

 

カキ料理なら、あまり過熱しすぎなければ(そもそも過熱しすぎると美味しさも半減しますので)、なんでも大丈夫です。

 

カキを継続的に摂取する癖をつけるといいかもしれませんね。