悪玉コレステロールに効くサプリのランキングサイト

善玉コレステロールを減らして、悪玉コレステロールを増やすというのは、中性脂肪。

 

これの効率のよい脂肪燃焼には何といっても有酸素運動が一番効果があります。

 

この理由としては、有酸素運動を行うことで体の筋肉は酸素供給を必要とし、心拍数や脈拍数が高まってくるため。

 

これによって血行が促進、さいては善玉コレステロールの増加を促し、血管組織活性化といったものが、最終的に動脈硬化を防ぐ働きとなるのです。
有酸素運動には色々なものがあります。

 

一例としては水泳ですね。

 

水泳や水中歩行は足腰に負担を掛けることなく、全身運動を促しますので、有酸素運動としてはかなりの効用があります。

 

出来る人は水泳を週1〜2回でもいいから1時間。

 

出来ない人は水中歩行を行うと良いでしょう。

 

そのほかの有酸素運動で効果的なのはウォーキング。

 

ウォーキングは、心肺機能のバランスを考えて鍛えることのできる理想形の有酸素運動であります。

 

下半身筋肉の鍛えによって、基礎代謝UP、血流UPと理想の運動です。

 

自分のペースで楽しみながら運動し、長期的に、気軽に行うことが必要です。

 

ウォーキングでコレステロール値を下げる場合には、1日、30分〜1時間、1週間に2〜3回を目安に考えていきましょう。

 

その他ヨガも良い運動です。

 

ヨガが悪玉コレステロールを値を下げる理由としては、ヨガは心拍数を上げない形で長時間運動することができます。

 

呼吸法にも、深呼吸が、酸素の摂取量や持久力を上げる効果に役立ちます。

 

水泳やウォーキングと併せて、週に1〜2回取り入れられるとベストでしょう。